/

この記事は会員限定です

日本郵政、3社同時上場の舞台裏 財務省と攻防

郵政親子上場の研究

[有料会員限定]

日本郵政グループの株式上場計画が動き始めた。持ち株会社である日本郵政と傘下の金融2社、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が今秋、3社同時に上場する。当初、持ち株会社の単独上場を目指していた計画は、主幹事を選定してから3カ月にも満たないうちに覆り、ゆうちょ銀とかんぽ生命も併せた、過去に例がない巨額の「親子同時上場」へかじを切った。なぜ計画は急転直下で修正されたのか。水面下では、日本郵政の経営陣と財務省と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン