/

この記事は会員限定です

株、孫氏「8兆円の備え」に映る変調リスク

個人はバブルに沸かず

[有料会員限定]

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落した。調整らしい調整もないまま前日までに2万6000円台まで駆け上がってきたうえでの197円安(前引け時点)は、まだ「微調整」の範囲ともいえる。海外勢のリスク選好意欲は根強いようだが、個人投資家は「ワクチンバブル」にそこまで沸いているわけではないようだ。これまで幾度も波乱相場の大波に揺さぶられてきた投資会社ソフトバンクグループ(SBG、9984)の「8兆円の備え」も、相場変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン