/

日経平均が一時300円安 国内金融機関が持ち合い解消売りか

18日前場の東京株式市場で日経平均株価は一時、前日終値に比べ300円以上安い2万1100円台半ばまで下落した。外国為替市場で円高・ドル安が進行し、輸出採算の悪化を懸念した売りが出ている。3月期決算企業の株主総会を通過し、国内金融機関による持ち合い解消売りを指摘する声もある。「過去には政策保有(持ち合い)株を売却する際に前もって株価指数先物を売る動きがあった」(国内証券ストラテジスト)という。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン