/

日経平均、一時2万4000円台回復 26年2カ月ぶり

2万4000円台で始まった日経平均株価(18日午前、東京都中央区)

18日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比210円59銭高い2万4078円93銭だった。2万4000円を上回るのは、1991年11月以来約26年2カ月ぶり。前日に米ダウ工業株30種平均が初めて2万6000ドルを突破するなど、主要株価指数がそろって上昇。投資家が運用リスクを取る姿勢を強めている。外国為替市場での円安・ドル高も支援材料だ。三菱UFJトヨタソニーが上げている。

日経平均は年初から前日までに1100円程度上昇していた。この間、日経平均構成銘柄では、ファナック安川電の上昇が目立った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン