/

日経平均、下げ幅100円超える 上海株安で短期筋の売り

18日午前の東京株式市場で日経平均株価の下げ幅が100円を超え、一時、2万2700円台前半を付けた。中国・上海株式相場が下げ足を速めており、投資家心理が悪化。海外ヘッジファンドなど短期筋が日本の株価指数先物にも売りを出しているもようだ。

米財務省が17日発表した半期為替報告書で中国の「為替操作国」への指定を見送ったため、市場の一部では米中貿易摩擦への警戒感が和らぎきょうの中国株は上昇するとの期待があった。

市場では「上海株式相場が予想外に弱く、リスク回避の動きで円安・ドル高が一服。短期投資家の日本株売りを招いた」(岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長)との見方があった。

中国の李克強(リー・クォーチャン)首相が経済の下押し圧力の強まりを認めたとも伝わっており、上海市場では金融株を中心にほぼ全面安となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン