/

日経平均、反落して始まる 欧米株安や円高基調で心理悪化

18日の東京株式市場で日経平均株価は反落して始まった。始値は前日比37円81銭安の1万6862円31銭。前日の欧米株安や円相場の円高進行を背景に投資家心理が悪化。主力の輸出関連株に輸出採算の悪化を警戒する売りが出た。原油先物相場の下落を受け資源関連株も安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン