/

JPX日経400大引け、反落 126ポイント安の1万5587

18日のJPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比126.93ポイント安の1万5587.58だった。指数は前日に2018年10月以来およそ2年ぶりの高値を付けており、幅広い銘柄が利益確定売りに押された。新型コロナウイルスの東京都内の新規感染者数が493人と過去最多になったと午後に伝わり、下げ幅を広げる場面があった。

ZOZO飯田GHDDOWAが下げた。半面、ジェイエイシ日本ペHDGMO-PGが上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン