/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 厳しい旅行やレジャー、ワクチン開発の道筋みえず

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩本貴子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。終値は前日比0.5%安の2万7901ドルだった。株式市場の資金が大手IT(情報技術)など成長株から出遅れ銘柄や景気敏感株に移るなか、取り残されているのがレジャー関連銘柄だ。持ち直しのきっかけになるとみられている新型コロナウイルスのワクチン開発、供給の道筋がみえにくいことも影響している。

17日の米株式市場で、空運株が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン