12月の鉱工業生産確報1.2%上昇 速報値からは小幅に下方修正

2020/2/17 13:54
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が17日発表した2019年12月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)の確報値は前月比1.2%上昇の98.8だった。速報値(98.9)から小幅に下方修正されたのは、スピリッツや茶系飲料などの生産が下振れたため。

業種別にみると、16.2%増の生産用機械工業、6.4%増の汎用・業務用機械工業などが指数を押し上げた。一方、自動車工業が4.3%減、輸送機械工業(除く自動車工業)が3.1%減だった。

同時に発表した製造工業稼働率指数(2015年=100、季節調整済み)は0.4%低下の95.1だった。輸送機械工業や電気・情報通信機械工業などが低下した一方、生産用機械工業や金属製品工業などが上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]