/

「金嫌い」のバフェット氏、金投資に動く

米国では運用資産が1億ドル以上のファンドは、四半期ごとに保有株式銘柄などを米国証券取引委員会(SEC)に提出しなければならない。その報告書は「13F」と呼ばれている。

四半期末から45日目までに提出するので、今年6月末の運用状況は8月15日までに明らかになった。45日前の情報ながら、ニューヨーク市場の関係者にとって機関投資家の運用実態を把握できる貴重な資料だ。

今回は、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社が、カナダの大手金鉱山企業であるバリック・ゴールドの株式を保有していることが明らかになった。前回5月15日発表の3月末時点では保有はゼロだったので、4~6月期中に購入したとみられる。

同期間にニューヨーク市場の金先物価格は1トロイオンス1600ドル台から1800ドル台まで急騰した。すでに相場が過熱気味になっていた金に買い向かったわけだ。金価格はその後2000ドルを突破。いったん1800ドル台まで急反落したが、現在は1900ドル台となっている。一般的に金鉱株の相場変動(ボラティリティー)は金そのものより大きい。長期投資論者のバフェット氏ゆえ、まだ保有し続けているとみられるが、市場関係者はどこまで保有し続けるかを注目している。2500ドルか3000ドルか、あるいはもっと長期的な金価格上昇を見込んでいるのか。

金鉱株への投資は「金投資」と「株式投資」の二面性を持つ。経営力などの評価次第で、金価格をアンダーパフォームすることもあればオーバーパフォームすることもある。バリック株は昨年末を45%上回る水準にあり、今のところ金価格をオーバーパフォームしている。

バフェット氏は「金は輝くだけで役に立たず、何かを生み出すものではない」と公言してはばからなかった。それでも、新型コロナウイルスの感染拡大という有事対応による未曽有の財政支援や金融緩和の将来的な出口を懸念し、リスク回避のため金を購入したのか。バフェット氏の金相場への見方は、他の投資家の相場観にも影響を与えそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)
  • 日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン