/

この記事は会員限定です

株、閑散相場が示すリスク 製造業の下方修正に現実味

[有料会員限定]

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら続伸した。前週末比19円高の2万1136円で終えた。大規模デモに揺れた香港の株式相場が大きく上げたことで投資家心理がやや改善。ファストリなど値がさ株への買いが日経平均を押し上げる一方、東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落するなど、相場全体は方向感に欠けた。相場の膠着状態が続く裏で製造業の業績は回復の兆しがみえず、下振れを警戒する声が着々と増えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン