最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,148.57 -144.08
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,140 -150

[PR]

米国・欧州株概況

<米国>ネットフリックスが7%高、有料契約者数の伸びを好感

2019/10/18 1:43
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間12時35分、コード@NFLX/U)17日の米株式市場で動画配信大手のネットフリックスが買われ、一時は前日比7.8%高の308.75ドルを付けた。16日夕に発表した2019年7~9月期決算で全世界の有料契約者数の伸びが市場予想を上回り、競争激化に対する過度な警戒感が和らいだ。ただ、11月以降に相次ぐ競合大手の参入を控えて10~12月期以降の業績を見極めたい雰囲気も強い。

7~9月期の米国の有料契約者数の伸びは市場予想を下回ったものの海外が伸びをけん引して全世界で677万人増とQUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(669万人程度の増加)を上回った。1株利益は1.47ドルと市場予想(1.03ドル)を大きく上回った。ただ、10~12月期の世界の有料契約者数と1株利益予想は市場予想を下回った。

決算を受けてピボタル・リサーチ・グループは「(競争で)最大の敗者となるのはケーブルテレビだ」との見方を示した。中期的の売上高営業利益率の見通しを引き上げると同時に、フリーキャッシュフロー(純現金収支)の赤字幅見通しを引き下げ、目標株価は従来の350ドルから400ドルに引き上げた。インスティネットは目標株価を310ドルから330ドルに上方修正した。

一方、マッコーリー・リサーチは投資判断を「中立」に、目標株価を375ドルから325ドルに引き下げた。海外の成長余地は大きいが競合相手の参入で米国内は伸びにくく、「価格決定力は限られる」と指摘した。グッゲンハイム証券は長期的には業績の伸びが期待できるが、「価格競争への懸念が重荷となり投資家の慎重な見方が続く」とみる。投資判断は「買い」で据え置いたが目標株価は420ドルから400ドルに引き下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム