/

この記事は会員限定です

3兆ドルの米「瀬戸際」債に迫る売り FRB利下げが合図か

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

「米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和への転換が、金融市場の宴の終わりを告げる合図になるのではないか」。18~19日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に市場でこんな議論が交わされている。背景にあるのは、最近の急ピッチな金利低下が深刻な景気後退の予兆であるという見方だ。

「いったん投機的等級に転落すると、投資適格債への投資を義務付けている投資信託は投げ売り(fire sales)を迫られる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン