ソフトバンクG、ウィーワーク11億ドル債券契約 「昨秋の合意に基づくもの」

2020/8/17 8:47
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(9984)は17日、投資先の米シェアオフィス大手ウィーカンパニーに対して11億ドルの金融支援枠を設けたとの報道について、8月12日付でソフトバンクGの100%子会社がウィーワークの発行する最大11億ドルの担保付きシニア債券の買い受けをコミットすることについてウィー社と契約を締結したと発表した。その上で「これは2019年10月22日にソフトバンクGとウィー社が締結した合意に基づくものであり、追加的な金融支援ではない」とコメントした。

17日現在で同担保付きシニア債券の発行実績はないという。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]