上海株大引け 3日ぶり反落、米中ハイテク問題警戒 創業板安い

2019/1/17 16:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】17日の中国・上海株式相場は3日ぶりに反落した。上海総合指数の終値は前日比10.7850ポイント(0.41%)安の2559.6370だった。ハイテク産業を巡って中国と米国との関係が悪化するとの懸念が重荷となった。ハイテク企業の上場が多い深圳の新興企業市場「創業板」指数が午後に下げ幅を広げると上海市場でも投資家心理が悪化し、上海総合指数はこの日の安値圏で引けた。

創業板指数の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]