2018年9月20日(木)

日本貨物航空が改善措置を発表 整備体制の強化など

2018/8/17 16:23
保存
共有
印刷
その他

 日本郵船(9101)の子会社で、整備記録の改ざんなどが発覚した日本貨物航空(NCA)は17日、7月に国土交通省から受けた事業改善命令と業務改善命令に対する改善措置を提出したと発表した。人員規模に見合った運航規模に見直すほか、ANAホールディングス(9202)傘下の全日本空輸から整備担当者の追加派遣を受け、整備体制を強化する。コンプライアンス(法令順守)意識を徹底させ、再発防止を図る。

 併せて、役職員への処分を発表した。大鹿仁史社長と佐高圭太専務取締役を9月から3カ月間、30%の減給処分とするほか、松田喜代治整備担当執行役員が8月末付で退任する。

 同日、都内で藤倉聡総務部長は「このような事態を二度と引き起こすことのないよう全役職員が一丸となり、一から再生する気持ちで、改善策を確実に実行していきたい」と陳謝した。

 〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報