/

この記事は会員限定です

日銀、警戒崩さず 高頻度データが示す「9割経済」

[有料会員限定]

日銀は17日まで開いた金融政策決定会合で、企業の資金繰り支援など新型コロナウイルスに対応した資金供給策と長短金利操作といった金融政策を維持すると決めた。景気認識は現状判断を上方修正したものの、先行きには慎重な見方を残したままで日銀は警戒を崩さない。高頻度で収集・提供するビッグデータをみても経済活動はコロナ前の平時よりも10%程度低い「9割経済」の姿がみえてくる。

日銀の会合後の公表文は、コロナ禍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン