/

ジョルゲンソン氏、消費増税必要と提言 国際金融経済分析会合

デール・ジョルゲンソン米ハーバード大教授は17日夕の国際金融経済分析会合で、日本の財政を持続可能にするためには消費増税が必要だと提言した。生産性の面でも「消費に負担をシフトしなければならない」との認識を示した。3%台前半の世界経済の成長率については、歴史的にみて高いと指摘した。会合後、記者団に明らかにした。

会合前の安倍晋三首相との会談では日本の成長戦略について議論し、岩盤規制改革、同一労働同一賃金、持続的な財政政策の実現が重要だと伝えたという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン