10/23 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業の平均年収692万円 1%増、配当の伸び下回る[有料会員限定]
  2. 2位: あなたの業種の平均年収は? 2018年度年収ランキング
  3. 3位: ダウ最高値圏で足踏み、「不況サイン」の憂鬱(NY特急便)[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ、小動きで始まる 主要企業の決算で売買交錯
  5. 5位: 上場企業の年収、トップはM&Aキャピタルの2478万円[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

国内株概況

株、原油高はねのける出遅れ修正 バリューの宴いつまで

2019/9/17 12:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3連休明け17日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反落した。サウジアラビアの石油施設への攻撃による原油高への懸念で朝方は100円超下げたものの、円安を好感し一時2万2000円台に乗せるなど底堅さをみせた。各国の石油備蓄放出で供給ショックは吸収できるとの見方から原油高への警戒が高まらず、米国株などと比べた出遅れ修正を促す買いの力が引き続き日経平均の押し上げ役となっている。

原油急騰が収益改善…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム