財務相「石油価格の安定は経済活動に大事」 相場急騰受け

2019/9/17 11:58
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、サウジアラビアの石油施設が攻撃を受け原油相場が急伸したのを受けて「備蓄を増やしているのでただちに(影響がある)、というわけではない」と話した。その上で「石油(価格)が安定しているのは極めて経済活動において大事なこと」と語り、影響を見極めたいとの考えを示した。

トランプ米政権が16日、日本との貿易交渉で関税障壁に関する協定で合意に達し数週間以内に署名すると議会に正式に通知したことについては、麻生財務相は合意内容に為替条項は入らないとの認識を示した。

政府が週内にも初会合を開く全世代型社会保障検討会議で消費増税は今後議題になるかとの質問については「今の段階で消費増税を同会議に持っていくと考えたことはない」と述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]