/

都内の中小企業、テレワーク実施率が6割超に上昇 東商調べ

東京商工会議所は17日、中小企業のテレワーク導入が6割を超えたとの調査結果を発表した。会員企業を対象に5月末から6月初めにかけて実施したアンケートでは、テレワークの導入が67.3%となり、前回調査した3月の26.0%から41.3ポイント上昇した。テレワーク導入企業のうち52.7%は政府による緊急事態宣言の発令以降に実施していると回答した。

今回の調査は都内の中小企業など1万2555社を対象に実施し、5月29日~6月5日に1111社が回答した。テレワークの実施率は従業員30人未満では45.0%に対し、300人以上では90.0%と企業規模が大きいほど対応が進んでいる様子が浮き彫りになった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン