/

<米国>後発薬のテバが大幅高 片頭痛治療薬で米当局から認可

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時、コード@TEVA/U)17日の米株式市場でイスラエルの後発薬大手テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズが大幅に5日続伸し、一時は前週末比7.4%高の24.54ドルを付けた。片頭痛を予防する治療薬「AJOVY」が米食品医薬品局(FDA)の認可を得たと14日に発表した。片頭痛は患者数が多く、同薬が業績を押し上げるとの見方から、買いが集まっている。

発表資料によると米国には3600万人以上の片頭痛患者がおり、約40%の患者に予防薬の効果が期待できるという。予防治療の方法が限られる中で重要な選択肢になるとみているようだ。FDAの認可を得た薬は約2週間後に発売される見通し。ブルームバーグ通信によると同種の医薬品はバイオ薬大手のアムジェンも販売しており、テバが2社目。AJOVYの売上高は4年後に10億ドルが見込めるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン