/

2016年の訪日外国人消費額、3兆7476億円 過去最高を更新

観光庁が17日発表した訪日外国人消費動向調査によると、2016年累計の訪日客による旅行消費総額は3兆7476億円と前年(3兆4771億円)に比べて7.8%増加した。通年ベースでの過去最高を更新した。

国・地域別では中国の消費額が全体の39.4%を占め最大だった。消費額は4.1%増の1兆4754億円。台湾が0.7%増の5245億円、韓国が18.9%増の3578億円だった。一方、一人当たり消費額は11.5%減の15万5896円にとどまった。中国の関税引き上げや秋ごろまで進んだ円高が重荷になった。

同時に発表した16年10~12月の訪日外国人消費動向調査によると、訪日客による旅行消費総額は前年同期比1.3%増の8922億円だった。一人当たりの消費額は12.2%減の14万7175円だった。国・地域別でみると、中国の旅行消費額は2926億円と7.3%減った。中国の一人当たり消費額は21.6%減の21万4136円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン