/

SBI証券と三井住友信託銀、持ち合い株を個人向けに販売

SBIホールディングス(8473)の中核証券会社であるSBI証券と三井住友信託銀行は17日、企業が取引関係の維持などを目的に保有している持ち合い株(政策保有株)を個人投資家向けに販売するサービスを開始したと発表した。保有株式を一括売却したい企業と株式を割安に買いたい個人投資家の双方の需要を結びつけ、持ち合い解消を後押しする。

新サービスの名称は「株式一括売却信託/立会外トレードサービス」。企業から売却株の信託を受けた三井住友信託銀行が対象株式をSBI証券へ売却し、SBI証券が個人投資家に株式を売却する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン