/

この記事は会員限定です

エヌビディア株下落、仮想通貨向けGPU売り上げ「ゼロ」の衝撃

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=滝口朋史】画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが16日に発表した2018年5~7月期決算は市場予想を上回ったが、慎重な業績見通しを受けて株価は時間外取引で下げた。仮想通貨向けGPUの需要が後退したため今期中の収益貢献を見込まず、売上高の見通しが市場予想を下回った。仮想通貨ブームがなくても高成長を続けられると証明できるまでは株価の高値更新は難しいだろう。

仮想通貨向け「今後は貢献せず」

「基本的にはゼロ」。ジェンスン・フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン