生保協会長、超長期債の発行減「需要はあり、反対」

2017/11/17 15:59
保存
共有
印刷
その他

生命保険協会の橋本雅博会長(住友生命保険社長)は17日、定例記者会見で「ALM(資産・負債の総合管理)の観点などから超長期債へ生保の需要は一定程度ある」と述べた。国内債券市場の一部に出ている、政府が2018年度に超長期債の発行を減額するとの観測について「(発行減には)反対」との考えを示した。発行が減れば超長期債利回りが低下(価格は上昇)し、運用環境の悪化にもつながるとの懸念を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]