/

この記事は会員限定です

米ギリアドvs富士フイルム 新型コロナ薬「本命」はどっち?

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの特効薬をいち早く届けられる企業はどこか――。世界の関心が集まるなか、投資家は日米企業が手掛ける2つの薬品を本命視しつつある。富士フイルムホールディングス(4901)子会社の「アビガン」と米ギリアド・サイエンシズ(@GILD/U)の「レムデシビル」だ。治験データの詳細な開示が待たれるが、しばらくは市場をにぎわせそうだ。

ギリアド株、「治療効果」で急伸

16日の米株式市場の時間外取引で、ギリアド株は一時16%を超す上昇となった。同社のエボラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン