2019年8月19日(月)

上海株大引け 小幅続落、米中摩擦の不透明感重荷 銀行安い

2019/7/17 16:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=安部健太郎】17日の中国・上海株式相場は小幅に続落した。上海総合指数の終値は前日に比べ5.9242ポイント(0.20%)安の2931.6926だった。トランプ米大統領が中国との貿易問題について「長い道のり」だと16日に述べ、対中制裁関税第4弾の発動もありうるとの見解を示した。米中貿易摩擦の先行き不透明感が改めて投資家心理の重荷となった。

一方で、中国政府による追加の景気刺激策への期待…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。