/

この記事は会員限定です

株、「堅調日本株」海外勢が演出 4日で現先買い越し1兆円超

[有料会員限定]

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は一時、1991年6月3日以来、取引時間中としてはおよそ29年ぶりに2万6000円台に乗せた。買い一巡後は利益確定売りも出て、前引けは前日終値比6円48銭高の2万5913円41銭だった。11月に入ってから17日前引けまでに2936円(12.8%)高と、日経平均は急ピッチな上昇を続けている。けん引役は買い意欲旺盛な海外投資家。海外勢主導の株高は「売り方不在」でし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン