/

この記事は会員限定です

<東証>三陽商が反落 東京・銀座の旗艦店売却で利益、業績懸念は拭えず

[有料会員限定]

(13時50分、コード8011)三陽商が反落。前日比29円(4.61%)安い600円まで下落した。きょう11時、財務体質の強化を図るため、東京・銀座の旗艦店「ギンザ・タイムレス・エイト」が入るビルを売却すると発表した。帳簿価格は50億円で、2020年9~11月期の連結決算で固定資産売却益として67億円を計上する。発表を受けて前日比プラス圏まで買われる場面もあったが、業績への懸念から買いは続かず、後場に入り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン