/

この記事は会員限定です

<マザーズ>フロンテオが10%安 4~9月期赤字に、「提携の効果見極め」の声

[有料会員限定]

(10時35分、コード2158)AI(人工知能)によるデータ解析を手掛けるフロンテオが反落している。一時、前日比84円(10.2%)安い742円を付けた。16日発表した2020年4~9月期の連結決算は、最終損益が1億1600万円の赤字(前年同期は9億3800万円の赤字)だったと発表した。4~6月期時点の黒字から一転して赤字となり、嫌気した売りが出ている。

データ解析による訴訟支援のリーガルテックAI事業で、国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン