/

日経平均前引け 続伸、117円高の2万4050円

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。午前終値は前日比117円03銭高の2万4050円16銭だった。一時は2万4115円に上昇し2019年12月に付けた昨年来高値2万4066円を上回った。米国の個人消費の強さが、日本株の支えになった。16日発表の19年12月の中国の工業生産高などが予想より伸びたのも買い安心感につながった。ファナック信越化日東電などの上昇が目立った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン