/

ソニー社長、赤字拡大と無配で陳謝 「重く受け止めている」 記者会見

ソニーの平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は17日午後、都内の本社で記者会見した。2015年3月期の連結最終損益(米国会計基準)を2300億円の赤字(前年同期は1283億円の赤字)に下方修正したことや、年間配当を1958年の上場以来初めて無配とすることについて陳謝し、「このような厳しい決定に至ったことを重く受け止めている」と述べた。

大幅な最終赤字となる背景について平井社長は「中国勢との競争激化によるスマートフォン(スマホ)販売の苦戦を受け、モバイル・コミュニケーション分野の中期計画を見直した結果、同事業の営業権の減損損失約1800億円を営業損失として計上することとなった」と冒頭で説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン