11/17 6:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,460,399億円
  • 東証2部 72,886億円
  • ジャスダック 94,869億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.02倍15.74倍
株式益回り6.65%6.35%
配当利回り1.91% 1.90%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

国内株概況

株、戻り相場の恩恵乏しい個人 マザーズの低迷顕著に

2019/10/17 12:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、16日に付けた年初来高値を上回った。上値が重いとはいえ上昇を続ける日経平均と対照的なのが、東証マザーズ指数だ。17日午前には取引時間中として約2カ月ぶりの安値に沈む場面があった。新興株の低迷のあおりを受け、短期視点で取引する個人投資家の懐具合への不安感がじわじわ強まっている。

東証1部では円相場の安定を追い風に、ソニーや村田製作所など大型の輸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム