官房長官、格安スマホ通話料下げ「事業者間の競争環境を整備」

2019/10/17 11:58
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で「格安スマートフォン(スマホ)会社が通話サービスを安く提供できるように、総務省が基準を策定する」との報道について「格安携帯電話会社が大手携帯電話事業者に支払う音声に関する回線利用料のあり方について、総務省が審議会で適正性を検証する仕組みの導入を検討していると聞いている」と述べた。

そのうえで回線利用料について「データに関しては過去5年間で半額程度に低下している一方、音声については、全く低下していない」と強調。「政府としては、格安携帯電話会社も含めた事業者間の競争環境を整備し、利用者にとって納得できる料金で使用できるような環境をつくっていきたい」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]