/

この記事は会員限定です

シンガポール株16日 反発、5カ月ぶり高値 RCEPや業績回復を好感

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】16日のシンガポール株式相場は3営業日ぶりに反発した。主要株価指数であるST指数の終値は前週末比36.61ポイント(1.35%)高の2748.00と、6月11日以来およそ5カ月ぶりの高値だった。日中韓やシンガポールなど15カ国が東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名したことを受け、将来的な域内貿易の拡大が輸出主導経済のシンガポールを利する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン