/

この記事は会員限定です

黒田総裁、出口の説明避ける 「具体論は逆に混乱」と強調 「時期尚早」封印も

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁は16日午後の金融政策会合後の会見で、金融正常化に向けた出口政略について「現時点で具体的なシミュレーションを示すのはかえって混乱を招くおそれがある」と述べた。実体経済が好調な米国との違いを指摘しながら、今の段階で出口戦略を明示する方が無責任だとの考えを示した。出口戦略を巡り市場との対話を求める声は強まっているが、緩和の長期化をにらんで従来の慎重姿勢から大きな変化はなかったようだ。

「今...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン