/

日銀総裁「通貨発行益で長期的に収益確保」 円の信認毀損を否定

日銀の黒田東彦総裁は16日の金融政策決定会合後の記者会見で、金融緩和の出口に向かう際の日銀の財務への影響について「継続的に通貨発行益が出るため、長い目で見れば収益は必ず確保できる」と述べた。金利上昇などに伴って仮に一時的に赤字に陥ったとしても、通貨の信認が毀損するような深刻な事態にはならないとの認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン