/

2018年の訪日外国人、8.7%増の3119万1900人 過去最高を更新

日本政府観光局(JNTO)が16日発表した2018年の訪日外国人客数(推計値)は、前年比8.7%増の3119万1900人だった。17年(2869万人)を上回り、過去最高を記録した。クルーズ船需要の増加や訪日旅行プロモーションを背景に伸びが続いた。夏から秋にかけて自然災害の影響で旅行客の減少がみられたものの、需要回復に向けた取り組みが奏功し一時的な動きにとどまった。

国・地域別では中国が13.9%増の838万100人と最多だった。韓国が5.6%増の753万9000人と続いた。

同時に発表した18年12月の訪日外国人客数は前年同月比4.4%増の263万1800人だった。12月としての過去最高を記録した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン