/

この記事は会員限定です

<東証>ビルファンドが4日続落 国内投資家の損切り続く

[有料会員限定]

(11時20分、コード8951)不動産投資信託(REIT)のビルファンドが4日続落している。投資口価格は一時、前週末比4万8000円(6.6%)安の68万3000円と13日に付けた昨年来安値に並んだ。年度末を控える中で、国内機関投資家からストップロス(損失覚悟)の売りが続いているとの見方が多い。金融市場でのボラティリティー(変動率)の上昇を受け、海外投資家がリスク資産を外す動きも重荷になっている。ジャパンRE(8952)も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン