スズケン、白血病薬「キムリア」の国内流通受託

2019/5/16 11:23
保存
共有
印刷
その他

スズケン(9987)は16日、スイス製薬大手ノバルティスファーマが開発した白血病の治療薬「キムリア」の、日本国内における流通を受託したと発表した。

キムリアはCAR-T細胞療法による新たながん治療薬。15日開催の中央社会保険医療協議会(中医協)の総会で公定価格(薬価)を3349万円にすることが承認された。スズケンは米国のノバルティスの製造施設から日本に輸送されたキムリアについて、国内流通業務を担うという。

スズケンは今回の流通受託に伴う業績への影響について、詳細が確定し、適時開示の必要性が生じた際に開示するとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]