城南進研、一部の顧客情報が流出 不正アクセスで

2020/7/16 15:38
保存
共有
印刷
その他

城南進学研究社(ジャスダック、4720)は16日、同社の公式ホームページ(HP)を管理しているウェブサーバーに第三者による不正アクセスがあったと発表した。HP内のデータが消失したほか一部の顧客情報が流出した可能性があり、警察が捜査を開始したという。

「城南予備校DUO」、「城南コベッツ」などのホームページ内の全データが消失した可能性があるほか、「城南予備校」、「城南コベッツ」など複数のサービスの資料請求画面から2016年4月以降に資料請求や体験学習に申し込んだ利用者の個人情報が流出した可能性がある。現時点で把握可能な件数は3万4263件にのぼる。ホームページ以外から登録した個人情報と、個人の成績、パスワード、銀行口座、クレジットカード等の情報は今回流出した分には含まれていないとしている。

7月11日に発覚し、同日に該当サーバを停止した。今後、システムのセキュリティ強化や定期的な脆弱性診断、個人情報管理教育の徹底などを行い再発防止を図るとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]