/

黒田日銀総裁「物価の基調は着実に改善」 信組大会であいさつ

日銀の黒田東彦総裁は16日午後、全国信用組合大会であいさつした。物価情勢について「生鮮食品を除く消費者物価の前年比は0%程度となっている」と認める一方、「生鮮食品及びエネルギーを除く消費者物価の前年比は1%を上回る水準まで上昇」したと強調。「物価の基調は着実に改善している」とし、2%の物価安定の目標に向けて「上昇率を高めていく」と指摘した。

日本経済の現状については「輸出・生産面に新興国経済の影響がみられる」としつつ、「企業・家計の両部門において所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで緩やかな回復を続けている」と指摘。個人消費も「天候不順の影響などによるひと頃の弱さから脱しつつある」との見方を示した。

黒田総裁は、高水準の設備投資計画などを挙げ「企業部門・家計部門については前向きの循環メカニズムがしっかりと働いている」と強調。景気の先行きについて「緩やかな回復を続けていく」との見通しを示した。

量的・質的金融緩和は「所期の効果を発揮している」とし、2%の物価安定の目標を「安定的に持続するために必要な時点まで継続していく」との姿勢を改めて示した。経済・物価情勢の「上下双方向のリスク要因を点検し、必要な調整を行っていく」との従来の考えも繰り返した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン