訪日客の7~9月期消費額、1兆2000億円 1人あたり16万5千円

2019/10/16 17:45
保存
共有
印刷
その他

観光庁が16日発表した7~9月期の訪日外国人消費動向調査(速報値)によると、訪日客による旅行消費額は推計で1兆2000億円だった。前年同期に比べると9%増えた。買い物代や宿泊費などが順調に伸びた。

国・地域別では中国の消費額が5051億円と全体の42.1%を占め最大だった。次いで、台湾が1386億円(11.6%)、韓国が915億円(7.6%)と続いた。

一般訪日客の1人当たり旅行支出は推計で、前年同期比5.2%増の16万5425円。中国人の1人当たり旅行支出は4.9%減の20万9168円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]