不二サッシ、子会社で不適切会計 利益の未計上など

2020/1/16 15:53
保存
共有
印刷
その他

不二サッシ(2部、5940)は16日、連結子会社の関西不二サッシ(大阪府高槻市)で不適切な会計処理を行っていたことが判明したと発表した。関西不二サッシは過年度の決算処理で、計上すべき利益の未計上などがあった。不適切な会計処理に伴う影響は現在「調査中」で、2019年3月期の連結決算で未計上の最終利益は約2億円と見込んでいる。

事実関係の調査や再発防止策を検討するため、不二サッシは外部の弁護士と公認会計士を含む4人からなる調査委員会を設置する。調査委からの報告を受領後、速やかに開示するとしている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]