/

この記事は会員限定です

<マザーズ>OTSが一時大幅高 塩野義から一時金収入、研究開発負担重く上げ幅縮小

[有料会員限定]

(14時30分、コード4564)がん治療薬開発のOTSが一時大幅高となり、前日比15円(18.1%)高の98円と2019年10月10日以来およそ3カ月ぶりの高値をつけた。16日午後、食道がん治療向けに塩野義(1部、4507)に提供したがん治療薬候補「ペプチドワクチン」の臨床試験の進捗に伴い、一時金(マイルストーン)収入が発生したと発表した。今後の業績への思惑を誘い、個人投資家の買いを集めているようだ。もっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン