2018年12月13日(木)

アイロムG、独社とiPS細胞関連の使用契約締結 業績影響は軽微

2018/5/16 10:25
保存
共有
印刷
その他

アイロムグループ(2372)は16日、完全子会社のIDファーマが、同社が所有するiPS細胞作製キットを用いてドイツの創薬会社「エボテック」がiPS細胞を作製し、iPS細胞由来の分化細胞を創薬スクリーニングなどに使用できる契約を締結したと発表した。

一連の契約などでIDファーマはエボテックから契約一時金や年間使用料、ロイヤルティーを受け取る。契約一時金の金額などの詳細は非開示で、2019年3月期の連結業績に与える影響は軽微としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報