スティグリッツ氏「今のタイミングで消費増税すべきでない」 首相に伝える

2016/3/16 10:13
保存
共有
印刷
その他

ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は16日朝の国際金融経済分析会合後に記者団の取材に応じ、「現在のタイミングでは(2017年4月に)消費税を引き上げるべきではない」と安倍晋三首相に伝えたことを明かした。そのうえで「安倍首相はよく話しを聞いていたと思う。この点についても確実に検討するだろう」との見方を示した。

スティグリッツ氏は日銀の量的質的緩和政策については「限界に達している」とし、財政政策で需要を刺激すべきだとの考えを示した。税制改革が景気刺激策につながる面もあるとして、炭素税や相続税、投資に応じた減税などの例をあげた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]