/

スティグリッツ氏「今のタイミングで消費増税すべきでない」 首相に伝える

ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は16日朝の国際金融経済分析会合後に記者団の取材に応じ、「現在のタイミングでは(2017年4月に)消費税を引き上げるべきではない」と安倍晋三首相に伝えたことを明かした。そのうえで「安倍首相はよく話しを聞いていたと思う。この点についても確実に検討するだろう」との見方を示した。

スティグリッツ氏は日銀の量的質的緩和政策については「限界に達している」とし、財政政策で需要を刺激すべきだとの考えを示した。税制改革が景気刺激策につながる面もあるとして、炭素税や相続税、投資に応じた減税などの例をあげた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン