/

この記事は会員限定です

<東証>任天堂が年初来安値 エヌビディアのゲーム用プロセッサー売り上げ減

[有料会員限定]

(13時55分、コード7974)任天堂が大幅に続落している。午後に前日比2390円(6.8%)安の3万2660円まで売られ、年初来安値を更新した。画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが15日発表した2018年8~10月期の決算資料で、ゲーム用プロセッサー「テグラ」の売上高が前年同期比で3%減ったと明らかにした。テグラの売上高には任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン