/

経財相、コロナ禍で有識者懇談会を17日開催 骨太方針に活用へ

西村康稔経済財政・再生相は15日の記者会見で、有識者による国際政治経済懇談会を17日に開催すると明らかにした。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた経済情勢について理解を深め、今後の政策運営に生かす。6月中に4回程度開催し「7月にとりまとめる経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に検討する際に参考にしていきたい」と話した。

同懇談会の座長は東京大学大学院の久保文明教授が務める。参加者は政策研究大学院大学の岩間陽子教授、慶応義塾大学の木村福成教授と細谷雄一教授、大和総研の中曽宏理事長、東京都立大学の詫摩佳代教授、山猫総合研究所の三浦瑠麗代表。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン